エルセーヌは1983年に女性(消費の鍵を握っているともいわれていますね)向けエステ(エステティックが正式名称で、フランス発祥です。痩身や脱毛、美白などの美容に関する全般的な技術を提供する民間施設です)サロンとして開設されました。その後、メンズエステ(このように略すのは、日本だけなんだとか。たかの友梨ビューティクリニック、ミス・パリ、エルセーヌなどが大手として有名ですね)であるエルセールMENをオープンしたになりますね。女性(ヒット商品やブームを生み出すには、ウケを狙う必要があるでしょう)向けエステ(このように略すのは、日本だけなんだとか。たかの友梨ビューティクリニック、ミス・パリ、エルセーヌなどが大手として有名ですね)として、エルセールはよく知られていると思いますが、エルセールにメンズエステ(エステティックが正式名称で、フランス発祥です。痩身や脱毛、美白などの美容に関する全般的な技術を提供する民間施設です)があることは、まだそれほど認知度が高くないみたいですよ。人気(アイドルグループなどは、ファンではない人からみると、どこがいいのかと首をかしげたくなることもあったりしますね)は高いと言われているようですが、知名度はまだ低いとなるでしょう。エルセールでは、脱毛の他に、ボディ、フェイシャル、小顔のメニュー(飲食店ではメニュー表のデザインにもセンスが現れますね)があるでしょう。脱毛では、カウンセリング(クライアントの話はききますが、どうすれねいいなどの具体的なアドバイスは原則として行わないことになっています)でそれぞれの要望を聞き、細かい希望まで応えてくれるでしょう。ひげの脱毛以外に、胸毛(欧米人は濃いようなイメージがありますね)や腕、足、体のムダ毛を処理してくれます。つるつるにしたいわけではないけれど濃すぎるのは嫌だなど、ムダ毛の悩みに丁寧に応えてくれると評判です。光脱毛なので痛すぎて途中で挫折するというのもなく、短時間で済むのも嬉しいです。また、ボディについては、カウンセリング(多?の民間資格が存在するため、場合によっては相談するのに値しないような人がカウンセラーを名乗っていることもあるでしょう)と内臓脂肪(見た目はスリムにみえても、実は内臓脂肪がついてしまっていることがあります。皮下脂肪がついているよりも、内臓脂肪が付いている方が危険度が高いと考えられているのです)のチェックを行った後、メタボ対策を中心に、むくみ(細胞間質液と血液の圧力バランスが崩れることが原因で、細胞組織に水分が溜まってしまうのです。内臓疾患の症状として現れることもあるでしょう)等の解消をしていって下さい。さまざまな機器を使用して燃焼力を高めさせるボディコースも、とても人気があるようです。そして、フェイシャルでは、吹き出物なんかの肌トラブル(敏感肌や乾燥肌、くすみやたるみ、くまなど、様々な肌トラブルがあります)に対して、クレンジングやパック(主に顔の皮膚を何かで覆うことで、毛穴の汚れをとったり、血行を促進したりといった効果が得られます)で毛穴を綺麗にし、光の照射とマッサージ、パルス誘導電流を使用し、お肌を綺麗にしていってください。価格設定は他のエステと比較すると、若干高めに設定されていますが、それだけ、技術力と接客がよく、満足されている方が多いのです。強引な勧誘がないというのも、エスセーヌMENが二十台から50台の男性に幅広く支持されている理由の一つなのでしょうー